FEELS SO GOOD

たのしければよいのだ

メモ

f:id:yakisobacurry:20190612114218j:image

体調不良が続いている。体がやられると心もやられるようで、やたらと気弱である。一日中布団に寝そべり、しかし同じ体勢でいると具合が悪いので、そこは気をつけている。

昨日落とした割ったガラス瓶は、片付ける気力もなくそのままになっている。髪を整える際に使うスプレーで、中身はただの水なのだが、割れたガラスのかけらと水がフローリングに散らばり、水は蒸発し、白い跡だけがそこに残っている。また、買いに行かなくてはならない。

 

昨日はやや寒く、1日を通して20度前後……だったと思う。秋のような日で、空気は潤いを含んでしっとりとしていて、青すぎるわけでもない柔らかな青が、空に広がっていた。雲の流れに合わせて部屋の中が明るくなったり暗くなったり、そんなのを眺めていると、体の具合は悪くとも、すこし心が癒されるように感じられた。

 

昔から切り取られた空を、ずっと眺めてきた。私は体も心も人と違っているようで、寝込むことは今でも多いし、引きこもっている時期も人生のそこかしこにあった。制限された自由。どこまでも広がっているはずの空を、私はごく限られた面積の、その四角の中でしか感じられなかった。今も家にいて、布団から窓を見上げている。窓は外界と繋がっているが、そこから外には出られない。出るべきは、廊下の先にある堅牢な扉で、それは、窓と違って気軽に開閉できるものではない。透明でもない。

私はたぶん、扉より窓の方が好きなのだ。厳密に言えば、好きではないが体に馴染む。ずっと見てきた光景だ。昼間、家の中から見る眩しい外の光。夜、ひっそりと街に繰り出せば、たくさんの家の、ビルの、部屋を照らす明かりが見える。それは人が生きてそこにいることの証なのだ。

 

私にとって人は遠い。近づくことができる人というのは限られていて、その近づける僅かな人たちでさえ、きっとものすごく遠い。寂しさもあるけれど、そのかわり、ほんの些細なことで幸せを感じられる。

今でも思い出す。保健室登校をしていた中学時代、学校に向かう橋の上で、一人歩く私を、たくさんの同級生が自転車に乗って追い抜いていく。そしてその一瞬、振り向きざまに、「おはよう!」と言ってくれるのだ。その一言が当時の私にどれだけの幸せをもたらしていたか、きっと彼らは知らないのだろう。

 

ただのメモだけれど、昨日と同じ言葉で締めくくろうと思う。早く元気になりたい。

メモ

思った以上に扁桃炎が悪かったらしく、5日間抗生物質で叩いてもイマイチよくならないので、今日また病院に行ってきた。

横になると喉の奥が垂れるようで、すこし息苦しい。ここ数日の意欲低下は体調の悪さが原因だったのだろうか。とりあえず最低限すぐ食べられるものを仕入れてきたので、すこしは安心である。

眠れなかったら読書をしたいけれど、なんだか頭がぼーっとして、赤信号を渡ったりガラス容器を落として割ったりしているので、まともに読めるかもわからない。

早く元気になりたい。

気にしいの大変な日常

バーミヤンで読書をしているのだけれど、瀬戸口さんの文調にやられてしまったから、私もブログを更新します。

 

 * * *

 

ここのところ2週間ぐらいだろうか、咳が止まらない。だいたいいつもこの季節、気温がやや高くなって(三十度越えも記録するのにやや高く、と書くのはなんだかおかしいが、おかしいのは最近の日本の天候である)、カビがもさもさと水回りを侵食するこの頃合いに、体に不調が出る。いや、不調なのはいつものことなのだが、この時期は扁桃炎やら指のブツブツやらが悪化する傾向にあるようなのだ。扁桃炎にしても指の炎症にしても、おそらく真菌、つまりカビが原因だと思われるので、今症状が悪化するのは非常に理にかなっている。

なんにせよ、日常……ただ過ごしているだけでストレスがひどいので、おかげで私の免疫は常時ぼろぼろである。常在菌にも負ける。常在菌に負け続けてたらそれはもう常在菌でもなんでもなく、ただの悪い菌に思えてくる。菌類は昔からどことなく仲間意識を持っていたのに、向こうはそうでもないらしい。あるいは、友好的であるがゆえに私の体に住み着いて、好き勝手やっているのかもしれない。それって友好的と言えるのだろうか……?

 

喉の痛みも咳もかなり長引いていたが、例によってなかなか病院に足を運ぼうとは思えなかった。さて、医者は病気を治してはくれないのである。正確に言えば、医者、つまり医学は根本的な解決にならない。こんなことを言うとどこか遠いアカデミックなところから「そんなことはない!」という強い主張が飛んで来そうだが、このみみっちい、世界の端っこにある吹けば飛ぶようなブログに突っかかってくるほど彼らは暇ではないだろう。

対照的に、私は暇である。

 

医学が根本的解決にならない、というのは私の人生のここまで……27年間の、極めて個人的な結論である。もちろん、今後その結論も変わることもあるかもしれない(というか変わることを願ってやまない)が、今はそう考えている。

薬というものは、一時的な症状の緩和しかしてくれないのである。このように書くと心情が文章に反映されすぎていて、良くないかもしれない。事実を述べているように見せかけてそこにプラスやらマイナスやらの価値観を含んだ言葉を並べ、知らぬうちに人の心を操るなんていうのは、古今東西お決まりのやり方なので、私はそれに敢えて反抗しようと思う。

つまり、薬は一時的な症状の緩和はしてくれる。してくれるのだが、ストレスを受け続けて免疫が落ち続ける体には焼け石に水感がすごい、という話だ。足を運んで診察を受け、処方箋を受け取り診察費を払い、それを持って薬局へ行き10分程度待ってまたお金を払う……という行為の割には、得るものが少ないのである。

あと段々医者から白い目で見られる気がして、なんだか行けない、行きにくい。気にしすぎなことを指摘されることを、私は気にする。こう書くとなんだかただの馬鹿に思えるが、何のことはない、ただの馬鹿である、病室に入るとどこの病院でも「そんなに硬くならなくても結構ですよ」と言われるが、もうその指摘すらストレスなので何も言わないでほしい……。

 

書いていて思ったが、私は相当である。気にしい、神経質の極みみたいな人間だな、と今思った。最近はハイリー・センシティブ・パーソン、略してHSPなどという言葉が流行っているが、そんなハイカラなカタカナ語にしなくても、とにかく昔から神経質な人間というのはいるもので、そこは素直に神経質、気にしい、繊細、敏感、感受性豊かを通り越してメンタルが雑魚、ということで良いと思う。

ただこういった言葉は本人が自虐的に用いるときにだけ諸々が許されるのであって、これらを本人に直接ぶつけてはならない。何せセンシティブなのだから。

 

とにもかくにも、喉が痛い。数年前にもひどい扁桃炎になって、毎日楽しく、もとい研究のために写真を撮っていたのだが、今回もまた化膿し始めている。「扁桃炎 白い」「扁桃炎 膿」とかで画像検索をかけると凄まじく気持ち悪い画像がたくさん出てくるので、見たい人は調べてみるといいかもしれない。世の中にはエログロナンセンスが好きな人間は山ほどいるので、その好奇心旺盛さをぜひ扁桃炎画像に向けてほしいと思う。そしてキャッと飛び退いてほしいと思う。

今現在の私の喉は、それの初期である。若干白んでる。「空が白んでる」というと風情があるが、喉が白んでる……なんて現実は、正直消えて無くなってほしい。

 

近所にはそこそこ見立てのいい名医がいて、さて彼の病院はガラガラであるが、下手な専門医よりよっぽど的確な判断をする。私はこの先生を大変評価しているのであるが、ここでも優しく「そんなに緊張しなくていいんだよ〜」と言われるので、なんだか恥ずかしくて、それで足を運べない。柔和な(しかも評価している)お医者様にそんな風に言われると、本当にいたたまれないのである。彼の穏やかな目が全てを見通しているように感じられる。

……そうか、君はすごく繊細で生きづらくて、いつもストレスフルなんだねえ。だから体調を崩すし、それが怖い病気なんじゃないかと疑ってしまうんだねえ。人生経験を積めばなんとかなるよ、大丈夫。落ち着いてね、私は味方だよ。……みたいな、あたたかい何かを感じてしまうのだ。ああなんて自分は小さく、愚かなんだろう。実際に小さいし、愚かなのだが……。

 

結局ぽんぽこに喉が腫れてついでにリンパ節も腫れてもうどうにもならん!となったので、数日前に色々諦めて彼の病院に行ってきた。「咳が2週間……?くらい続いてるんですけど、家族とかにもストレスだろうって言われて〜」とふにゃふにゃ笑っていたら、それは流石に駄目だよ、と苦笑しておられた。はい、申し訳ないです…………。

結局抗生物質と喉の痛み止め、咳止めが出されて、今は経過観察である。

 

 * * *

 

というわけで、午前0時前のバーミヤンからお送りしました。読書の続きをするだけの気力は残っているのかしら。

f:id:yakisobacurry:20190603234852j:image

大戸屋で晩御飯

f:id:yakisobacurry:20190513211809j:image

珍しく、本当にただの日記です。

ここのところ胃腸が駄目だったり咳が止まらなかったり疲労感が抜けない……のはいつものことだから良いんですけど、やはり、どうにも具合が悪いです。

 

 *

 

なんとなく酸っぱいものなら食べられるかな、と思って大戸屋でポークケチャップ定食を食べてきました。19時過ぎでお店もまあまあ混んでいたので、これは結構かかるだろうと予想し、料理が運ばれてくるまで村上春樹の『国境の南、太陽の西』を読んでいました。ようやっと、主人公と島本さんが再会した場面。幼少期から随分経つのに変わらぬ吸引力を持つ女性、島本さん。ダイソンかな。

ポークケチャップ定食が届いて、その盆を前にしても、食べ始めた途端に胃とか喉とかがNOを突きつけるような気がして、これは最後まで食べられるかな、食べてすぐ吐き気したらどうしよう、とか考えていました。

ポークケチャップには山盛りの千切りキャベツが添えられていたので、とりあえずそちらを食べて消化器官のご機嫌を伺い、大丈夫そうだったらいざゆかんメインディッシュ、いざゆかんポークケチャップ!……という作戦。お肉に無事たどり着くにはキャベツ、お吸い物のワカメ、お漬物を順に制覇する必要があるのです。

キャベツはものすごく細かい千切りになっていて、これは山盛りに見えるけど実際にはそんな量ないんだろうなあとか思いつつ。でもふわふわなので、舌触りは大変よろしい。これ家で再現できないのかな、やっぱり機械使わないと無理かなあとか考えながら、キャベツの山を箸で分けて小山にし、それを一口二口、食べました。

 

……結局キャベツもワカメもお漬物も特段問題なく乗り越えて、いざゆかん、なんて意気込まなくてもポークケチャップは食べれてしまったのでした。めでたしめでたし。

やっぱりたまにちゃんとしたご飯を食べると心が満たされますね。

五月のこんな晴れ渡る日

f:id:yakisobacurry:20190508135235j:image

五月のこんな晴れ渡る日、

マンションの白い壁は

その強烈な太陽光を反射し

よじ登らんとする芋虫を

その熱で追い返し

そうして芋虫は

垂直な白い壁の、その、すぐ傍で

見るも無残に転がっている


彼のじゅくじゅくした体は

次第に干からび、唯一の長所は失われ

風化し、ぼろりと頭が取れて

やたらと軽くなった体が

人々が行き交う、その雑踏に向けて

まるで自らそこへ行きたいとばかりに

転がっていくのだ

 

 *


五月のこんな冴え渡る日、

わたしは白いワンピースを着て

街に出ていく

この街は誰も知らず、誰もおらず

それが大層心地よくて

ついぼーっとしてしまう


人とひとつになれなくとも

こういう日、

わたしは世界とひとつになれるので

あゝ別に、寂しいなんてことは

ないんじゃないかと…

ミルクティーと井の頭池

f:id:yakisobacurry:20190506154133j:plain

それぞれの水底、沈むもの。

 

 * * *

 

井の頭公園にはかなりの頻度で通っていたのですが、ここのところはすこし間が空いてしまって、それで昨日、幾日ぶりに訪れてみたのです。5月にもなると日が落ちるのがだいぶ後にずれてしまっていて、おや、まだ6時なのにこんなに明るいぞ、と。すこし変な感じがします。

最近すっかり前を見て歩くというのを忘れてしまって、昨日も例によって地面とまではいかないけれど、やや下を向いて、人びとの雑踏をかき分けかき分け進んでいました。なるほど、一人でなければ人はこうしてゆっくり歩くのだなあとか、ボーダーコリーやゴールデンレトリバーの可愛さに目を奪われつつ、吉祥寺マルイ横の路地をどんどん歩いていきました。

 

どこのお店もタピオカミルクティーを売っているようで、これはまさに、タピオカ元年というやつかもしれません。実は渋谷の女子高生の話は正しくて、平成は令和でなく、タピオカという元号に変わってしまったのではないか、と邪推したくなるほどです。

長年紅茶を愛してきた紅茶派の自分としては、なにゆえタピオカを入れるのか、なかなか理解に苦しむところなのですが……。タピオカが心底好きであったなら、好きなものに好きなものが突っ込まれているというただそれだけで、嬉しいかもしれません。

タピオカというやつはああ見えて元は芋、つまりキャッサバですから、どろ甘タピオカミルクティーは糖質×糖質×たんぱく質みたいな感じになるのでしょうか。わたしはタピオカはココナッツミルクに沈んでるのが好きです。EMIALのタピオカ入りココナッツミルク。

紅茶はただそれだけじゃブームを巻き起こすほどの力がなくて、やはりタピオカとか海外発!みたいな力に頼らないと、皆さん良さに気づいてもらえないのでしょうか。紅茶好きの人とは問答無用で仲良くなれる気がします。ある種の繊細さを持つ人たちが飲むイメージ。

 

 *

 

f:id:yakisobacurry:20190506155724j:plain

井の頭公園を半周して、ぼうっと池の水面を眺めながら、ここに来れなかった理由を思い出していました。おばあちゃんの水死体。4月18日だったか、ここで一人浮き上がっていたその人のことを想うと、なんだか上手く足が動かず、公園の入り口までは行けるのですが、結局中に入ることはありませんでした。献花の一つでもできればもう少し早く来れたかもれしれないのですが、そういう場所が設けられているのかもわからず……。

 

昔から人が死ぬと、その人がその死を目前とした恐怖と苦しみのまっただ中にいるとき、わたしは平和に何をしていたんだろう……と。思い返さずにはいられないのです。癖、みたいなものでしょうか。今回は事件性も無さそうで、だとしたら、いわゆる徘徊老人というやつだったのかもしれません。わたしも父方の祖父母が認知症で色々大変だったので、なんだかあまり人ごとに思えないのです。

パニックの中遠のいていく水面。そんな死の瞬間を想像するとなんだかひどく胸が苦しく、涙が出そうになります。水死の際に見える風景というのはわたしの思う死のイメージそのものと酷似していて、穏やかだけれど真に迫る恐怖があります。そのあとガスが溜まって浮き上がってきてしまうことや、顔の「柔らかい部分」が魚に食べられてしまうことも含めて、すごく「死」っぽいのです。

水葬も……死体が水に沈む瞬間は美しいけれど、そのあとの展開が非常にグロテスクなので、なんというか、やはりこれが本当なんだ、という感じがします。つまり汚い部分がちゃんと存在する死、というのはなんだかひどく安心できる……みたいな。その側面から人は目を背けがちだけど、でも、ちゃんと知っておくべきだと思うのです。

 

……なんて言いながら、わたしはやっぱり感受性が豊か過ぎて(?)、それを知ってしまうと何かすごく壊れるであろうことが簡単に想像できるので、死を直視するのはやっぱりとても怖いし、まだできないかもしれませんね。

漸進

たまには日記らしいことを書きましょう。

f:id:yakisobacurry:20190501224333j:plain

ここ数日で自意識の暴走とそれに伴う発作のような何かは収まってくれて、すこしまともに活動ができるようになってきた……気がします。昨年末の障害年金障害者手帳の話から始まった「守られ生きる弱者としての自分」への許せなさとか、何が本当のことなのか、とか。まあ、その辺に関してはクリエイティブ無職発言をしている時点で、ネタにする程度には自己容認ができている、と考えていいのでしょう。

無力さや弱者としての自分を心底受け入れるというのは……なかなか難しいし、時間がかかるようです。しかし、よく言うことですが、心まで「無力な」「弱者」になってしまうとこれはこれで大問題が発生するので、その辺りの塩梅というか、バランスをうまく保っていくことが前に進んでいく秘訣なのだと思います。
具体的には、心身の疲れやすさ、能力の偏り等を正確に把握した上で、受けられる援助(あるいは善意)をしっかりと受け取り、そこから経済的自立を目標に歩いていく……みたいな感じなのだと思います。

 

 *

 

……というのが、たぶん前置き。
ここまでが自分の内面に関する日記だとしたら、ここからは体と体の外側の話、社会的な日記というものを書いていこうと思います。

 

前述したように精神状態が多少上向いてきたので、すこし動けるようになってきました。といっても、そんなに派手に何かしているわけではないのだけれど……。とりあえず数年ぶりに髪にパーマかけてみたり、『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』を見てみたり、とか。多肉もリトープス以外は植え替えて、これでみんなうちの子になった!という感じがします。

f:id:yakisobacurry:20190501224416j:plain

f:id:yakisobacurry:20190501224438j:plain

 

ああ、ユーフォニアムに関しては……。ものすごくものすごく言いたいこと、それも映画の内容というよりは個人的な思いを吐き出したい気持ちでいっぱいなので、機会があったら書いてみようと思います。1年だけいた楽しかった吹部、唯一の青春らしい青春……とそれをまともに果たせなかった自身の弱さ未熟さ、学校の方針等々、言いたいことは山ほどあるのです。そしてそこでできた、今も親交のある高校唯一の友達のこと、とか。まったくまったく、わたしは彼女が大好きなのです。自分が男だったら彼女みたいな人と結婚したいまである。……

f:id:yakisobacurry:20190501224513j:plain

 

はい。それはそれとして。

 

年始に書いた2018年の残滓もたぶんどこかに流されていって、いつの間にやら平成が終わり、時代は令和へと移りました。令和は音の響きが自然な感じがして、それでいて優美で、なんとなくいい時代になると思います。

未来に閉塞感を抱いている人ばかりなのかもしれないけど、閉塞感や絶望感、将来を悲観する心は人びとの知性の目覚めもまた、促すものだと思います。なんだかんだみんな、死にたくないと思うので。暗い時代は……きっとあとで振り返ってみれば、何かごちゃごちゃしたエネルギーに満ちた、鈍い輝きを放つ素敵な時期になるのだと思います。そう思うしそう信じたいし、私個人としてもそのように行動したい……と思っています。

f:id:yakisobacurry:20190501224240j:plain

 

もちろん、いつだってその時代、その時間を生きる当事者は、苦しいものですが……。

軽い人、重い人

何かを書き、話すというのは大変に難しく……。なんでも話してね、という言葉はさて簡単に吐けるけれど、わたしも時と場合に応じて使うけれど、これほど安直な言葉もないのです。人は人に何でも話せるわけではない。

f:id:yakisobacurry:20190429110236j:plain

 

それっぽい言葉というのは、ある種の軽さを持った人たちの共通言語であり……、字義通りの意味を持たず、これらはどちらかというと「わたしたちは仲間だよね」といった風に互いの信頼の確認として使われます。言葉通りに受け取るものではないのでしょう、たぶん。しかし世の大半の人と社会で上手くやるためには、この手の言葉は必須なのです。わからない、どうもこれ言葉通りの意味じゃないぞ?と何度も確認しながら、別の人種の人たちとの付き合い方を覚えていく必要がある。

しかし、ここまでこんな書き方をしておいて何ですが、わたしは彼らが好きです。考えない人々をとても好いています。世の中がもしも自分のような人間ばかりだったら、心底恐ろしいと思います。わたしの代わりに彼らが笑い、物事を軽く扱い前進させる。
自分のような人間ばかりだったらそれはもうある種の安心「は」あるかもしれませんが、街はしかめ面をした人間で溢れ、軽妙さというのが消え失せ、重苦しい雰囲気が漂うことになるでしょう。……

 

……なんて書きつつ、ふと、思うのです。
わたしがこういう文章を書くのは、「軽い」人たちとの関わりの中でストレスが溜まっているからで。違和感を煮詰めてできたような気持ち悪さを、きちんと飲み下すための対処法が、つまりこれ。言語化し、もっともらしい理屈をつけて、頭の中にしまい込む。

絵も描きたいけど、同じくらい文章も書かないといけないかもしれませんね。

世界への不信

f:id:yakisobacurry:20190424161521j:plain


ある日、ある朝起きたら、世界の様相が一変していた。この世は不信に満ち、全てが疑えてしまうとわかってしまった。理解したくない「それ」を理解させられてしまった。
そうして、なにもかもがわからなくなってしまった。……

 

これをわたしは小学生のときにやってしまって、以後まったくこの世界には寄る辺がなく、何もかもが信用できず、生きる意味も消失し、空虚な世界を漂うこととなりました。きっと同じ状態にある人は大勢いるだろうと思います。三島由紀夫の『命売ります』の冒頭で、主人公が同じ境遇に陥っています。彼の描写は秀逸で、まるでドミノの盤上がきれいに全て黒になるようなその瞬間を、本当にとてもよく描けていると思います。

世界への不信をある人は鬱と呼び、ある人は絶望と呼び。そうして生活は行き詰まり、二進も三進も行かなくなります。全てが上手くいかなくなります。あるいは、そのように認識せざるを得なくなります。この世は地獄であり、生きている限りそれに囚われる。
そう思っている人が大勢いることをわたしは知っているし、わたし自身未だ完全にそこから抜け切れません。ある日突然世界の裂け目の只中、真っ暗な闇に突き落とされたかのような、そんな感覚。あれは何なのでしょうか?そして、誰が、何者が自分を突き落したのか。そもそもわたしは本当に誰かに突き落とされたのか。自分でそこに身を投げ入れたのではないか。

わたしは他者の絶望をあまりよく知らないけれど、大抵の場合、そのとき自分に何が起こったのか、きちんと把握することは難しいんじゃないかと思います。

 

 *

 

f:id:yakisobacurry:20190424161722j:plain

そこから抜け出すなんてことは、本当に、果たしてできるのだろうか。一度知ってしまった世界の見方を忘れることなんてできるのか。きっとできないだろうと思います。絶望の度合いは状況によって緩和されたり、かと思えば深まったり……。それでも、ドミノの盤上が再び、限りなく真白になることもまた、あるのだろうと思います。

絶望を知る人は希望をも知ることができると思います。わたしたちはその闇を生涯忘れられないかもしれないけれど、そこを見てきたことで得られる何かというのはとても大きいように思います。日々絶望し、日々希望を見出す。ギリギリの淵をさまよい、泣いた次の瞬間には、それでも笑っている。また泣く。それを10mほど離れたとことから、ぽかんと宙に浮かんで眺めている自分がいる。

そういう何かものすごいエネルギーをいなしつつ、日常を過ごすというのはとても大変なことです。

 

 *

 

ある日ある夜、街に出てみたら本当にとても綺麗で、世界はこんなに美しかったんだ、と感動してみたりする。あるいは、それは昼間かもしれない。木立の間をそよぐ風や、あたたかな日向。行き交う人びとはみな笑顔で、心底憎んでいるはずのそれを見て、心底安堵してしまう。みんなそんなものかもしれません。

 

もしかしたら笑って歩いている街の誰かは、笑っている瞬間の自分自身なのかもしれません。

あと1週間、4月いっぱいまで

f:id:yakisobacurry:20190423183420j:image

記憶、あるいは知識という名の水を、頭の上に抱えて、こぼさないように注意深く歩いていく。

 

 * * *

 

最近精神が肉体の容量を超えてしまって、これはあまり良くないな、と思っています。夜中何度も、なにか「悪い確信」のようなものに支配された状態で目が覚めて、心臓は跳ね上がり、焦点が定まらず、頭を抱えて荒い呼吸をして、ふらふらと机の引き出しにある頓服用の水薬を放り込むのですが、本当に、これは良くない。とても怖いし、とにかくつらい。

 

きれいな形を取らないエネルギーを狂気というのかもしれない、と今思いました。無秩序さ。誤認に次ぐ誤認。わたしはこいつをちゃんと飼い慣らしてやりたい。わたしの中にちゃんと道を整えて、お前はここに向かってこの速度でこうやって流れていくんだ、と教えてやりたい。というか、それができるようにならなきゃいけないのです。自分の中の暴れ馬にちゃんと手綱をつけて、飼いならす必要があります。

肉体を内側からぶち壊されては、たまりませんから。

 

 *

 

4月いっぱいは見えないものを見ている状態でも構わないと思うのです。ただこれがあまりに続くと本当に精神に異常を来すので、5月からは見えるものを見る方向で行きたいと思います。なんのこっちゃわからん。

とりあえず明日は髪をバッサリ切ってショートにして、明々後日には病院に行きます。この際増量も止むを得まい。

 

今ずっと描いている絵は、4月いっぱいで完成させようと思います。自分でも不思議だけど、わけがわからないままに描いているのに、何か整合性が取れている気がするのです。無秩序の中の秩序。わたしは何かをちゃんと描けているのかな……

f:id:yakisobacurry:20190423183106j:image