今日も今日とてやきそばカレー

やきそばとカレーがすきです

忙しい日々

6月は過去に縁のあったたくさんの人から一斉に連絡が来て、本当にびっくりしました。なんだろう、そういう星廻りなのかな。ついでに自分でも藍染体験の予定入れたりなんかして、とても忙しかった。

藍染体験は手ぬぐいが1200円で染められるというもので、ビー玉と輪ゴム使って楽しくつくって来ました。意外と時間はかからなくて、1時間ほどで無事完成。

f:id:yakisobacurry:20170625225640j:image

f:id:yakisobacurry:20170625225549j:image

あとは相変わらず絵描いて、料理して、たまに大学行って。先週はぐったりであまり大学行けなかったです……。今週はがんばりたい。

f:id:yakisobacurry:20170625230425j:image

f:id:yakisobacurry:20170625231110j:image

f:id:yakisobacurry:20170625231144j:image

f:id:yakisobacurry:20170625231200j:image

f:id:yakisobacurry:20170625231239j:image

f:id:yakisobacurry:20170625231300j:image

不調かと思いきや

今日は大学行けませんでした〜〜

元気なときは必ず7時台に目が覚めるので、9時に起きた時点で駄目っぽいとは思ってました。ゴキ騒動のせいでここ数日いつもより多めに睡眠薬飲んでたし、なんとなくダウナー。とりあえずシャワーして、でも気持ちがだるくてすぐ横になってしまう。2限は今回で5回欠席になっちゃうなあとか思いつつ凹凸ちゃんねる見てました。

しかし、鏡で見た自分の顔は思ったよりしっかりしてて、どうも体の方は何も問題がなさそうだな、と。案の定凹凸ちゃんねるの21トリソミー(ダウン症)の記事で謎のスイッチが入って、染色体に関するwikiいくつか見てたら元気になりました。だって、面白かったんだもの。直前に飲んだカフェモカも良かったのかもしれない。

午後は近場の神社で御朱印もらったり、ゼミのテキスト読んだりして過ごしました。あとはお絵かきも。今日は大学行けなかったけど、これだけできたら「まあいっか」という気分になれますね。

f:id:yakisobacurry:20170623000737j:image

f:id:yakisobacurry:20170623000750j:image

一昨日

f:id:yakisobacurry:20170618165502j:image

ようやっとおうちに帰りまして、自宅でなんとか過ごしてます。バルサン……じゃなかったアースレッドWのおかげで一応いなくなったぽいです。今のところ死骸には出くわしていないのですが……。出て行ったのか、はたまたタンスの裏あたりでひっくり返っているのか。

アースレッドとかバルサンは諸々の報知器警報機が鳴る可能性があるので、先に大家さんに連絡してビニールカバーを被せてもらいました。

殺虫剤という名の白い霧が立ち込める家をあとにして、放置すること1時間半。家に近づくにつれピーピー音が大きくなっているような。音がなったあと何か言葉が聞こえるのですが、何を言っているかまではわかりません。いや、まさか。カバーしたし。トラックの「左折します」によく似てるし。我が家ではないだろう……。

もちろん我が家でした。ガス漏れ警報でした。ドアに「バルサン焚いてます」って張り紙しておいてよかったよほんと!ビニールかけておいても駄目だったみたいです。台所についてるガス漏れ警報はとても敏感繊細なヤツで、換気扇回すの忘れてみりんやお酒を使って調理してると途端に怒り出します。だから当然といえば当然かも。

とりあえずおうちに戻れてよかったです。

とある理由で帰宅困難者

1週間ほど前でしょうか。トイレに入ったときにサッと床を横切る何者かを見まして。眼鏡かけてなくてぼやぼやした視界の中、黒いピックのようなものが綺麗な曲線を描きながら扉の向こうに消えました。

虫だアレは絶対虫だと確信していたのですが、その後3日経っても4日経ってもどこにも現れない。見間違いだったのかなーと考えを改めたころ、出ました。黒くてでかいアレが。

最初はなんとかして闘おうと思っていたのだけれど、ヤツは壁と机の隙間に入り込んで、その後全く出てこなかったのです。しかし、そんな状態の家で眠れるわけがない。ワンルームですよ?無理ですよ。半泣きになりながら荷物まとめて外に出たときにはもう午前1時で……。移動手段も無くて、結局その日は漫喫に泊まりました。

f:id:yakisobacurry:20170614011533j:image

地元では一度行ったことがある漫喫。同じイメージを抱いて入ったそこは、火事になったら即死にそうな(言っちゃ悪いけど)ひどい空間でした。田舎の漫喫は路面店で敷地面積が広く、天井も高い巨大プレハブ小屋みたいな感じ。ありえない狭さに絶句しつつ、でも実家の押入れみたいで意外と落ち着くかも?とか思いながら一晩過ごしました。

シャワーも使ってみたけど喫煙ルームにあるせいか臭いが半端なかったです。あと、なんかいろんなモノが流されてるような気が。あまり考えないようにしていたけど……。おそろしや。

リクライニングシートなのはいいんだけど、肘置きがとても邪魔。これじゃ寝返り打てないよ……。最悪な気分のまま倒した椅子に転がるものの、当然眠れるわけがなく。いたるところに貼ってある「家が無いキミへ」的ポスターに現代社会の闇を感じました。こんな生活続けてたら死にたくなるだろうなあ。まあでも(一晩だけなら)こういう経験も悪くないかな。ネタになるし。

アートな一日

つくる側ですが。ランテルナさんの指輪のスワロフスキーが取れてしまったので、ワイヤーアクセサリーとして甦らせました。メッキが剥げたら巻いてしまえばいいじゃない。

昨日台座が空になってるのがわかって、今朝改造を思いついてデザイン画描いてパーツ買って作って。スピード仕上げでした笑

f:id:yakisobacurry:20170604012826j:image

f:id:yakisobacurry:20170604012756j:image

f:id:yakisobacurry:20170612210737j:image

それと長いこと放置してた絵の続き。誰モデルにしたんだっけ。海外セレブで調べた記憶はあるんだけど……。

f:id:yakisobacurry:20170604013005j:image

発達障害者の発達

ものすごく眠くなってきた…

昨日は大変でした。某氏の面接準備のヘルプとして呼ばれたんですけど。ADHDってしんどいね。わたしもASDとして獣道を進み続けているけど、わたしのつらさとは全く質の違うつらさだ。それにしても久々にコンサータを飲んでいない状態を見たなあ……笑

障害を抱えてても一生懸命前を向いて生きてる人が好きだ。というか基本的に発達障害の類は何かに突出していることも多いので、人として魅力的な場合も結構あるのだと思う。みんな自尊心低くなりがちだけど、やっぱり卑屈になってはいけない。でもこれが難しいんだよね……。絶対的に味方になってくれる人がたった一人でもいたら、意外となんとかなるもんだけど。

最近発達障害は発達が遅延する障害なのかなあ、と思ったりする。少なくともわたしはここ数年で言語性IQも動作性IQも上がってきているように感じる。前は全く理解できなかった概念がスッと頭に入ってきたり、前は全くできなかった音ゲー(デレステ)がmasterフルコンできるようになったり、お箸を正しく持てるようになったり。たぶん今Deemoやったらかなりできるに違いないよ!

それでも精神年齢はたぶん肉体年齢の8割が妥当かな。25歳だから20歳くらい。自分では20歳にしては優秀では〜とか思う日もあるのです。それぐらいテキトーで、いいのです。

 * * *

クッキーを焼いて手紙を添えて郵便受けに入れるだけの簡単なお仕事。最近がんばってたからねー!タヌキとキツネクッキーとみがわりぬいぐるみクッキーを焼いてみました。某氏はかわいいものが好きなのです。

f:id:yakisobacurry:20170531221616j:image

 

過去にはみがわりチョコも作ってました。

f:id:yakisobacurry:20170531222147j:image

f:id:yakisobacurry:20170531222229j:image

f:id:yakisobacurry:20170531222256j:image

ヨコハマ

少し前になるのですが、出張ゼミで横浜に行ってきました。横浜美術館で「ファッションとアート」展を見て、先生ともう一人別のゼミ生さんと中華街へ。先生は前から思ってたけどちょっと(発達障害の)お仲間感がある。わたしはわたしで喋りすぎないように気をつけてた。先生はもっと人数集まると思ってたみたいで凹んでたので、学生二人で「そんなことないです」「楽しかったです」「また出張ゼミやってください〜」等々言って励ましました。しかし出欠確認しなかったこと、普通に授業ある日なのに行き先を横浜(遠い)に設定したことはミスと言えばミス……かもしれない。それも発達っぽい。わたしは横浜まで行けてうれしかったけどね。

f:id:yakisobacurry:20170531064509j:image

f:id:yakisobacurry:20170531064546j:image

f:id:yakisobacurry:20170529133141j:image

 

路地に入ってお店探し。なかなか意見が出なくてみんなで右往左往。入ったお店の名前は忘れたけど、中になでしこジャパンのサインとか飾ってあった気がする。チャーハンがぱらぱらでおいしかった!

 

駅で解散して、一眼を携えて山下公園へ。緑化フェスティバルでものすごい花畑になっていました。そういえば春バラの季節だものね。氷川丸とたまたまいた豪華客船飛鳥Ⅱも撮影。その上出港まで見られたんだからもう言うことなしです。名前も知らないクルーズのお客さんに思いっきり手を振ってきました。

f:id:yakisobacurry:20170530113041j:image

f:id:yakisobacurry:20170530113132j:image

f:id:yakisobacurry:20170531065726j:image

f:id:yakisobacurry:20170531062012j:image

f:id:yakisobacurry:20170531062638j:image

f:id:yakisobacurry:20170531062706j:image

f:id:yakisobacurry:20170531062856j:image

f:id:yakisobacurry:20170531063815j:image

f:id:yakisobacurry:20170531063954j:image

f:id:yakisobacurry:20170531062957j:image

f:id:yakisobacurry:20170531063033j:image

f:id:yakisobacurry:20170531063117j:image

f:id:yakisobacurry:20170531063353j:image

f:id:yakisobacurry:20170531063058j:image

 

横浜と言えば横浜三塔。ジャックは写せなかったけど街中の方でちらと見ました。

f:id:yakisobacurry:20170531065118j:image

最近の……

色々あったはずなのに、どこにも何も書かないものだから、すぐ忘れていってしまう。

 

・昆虫戦士コンチュウジャーを見に行った

初めての舞台。最初さむいノリだなあと思ったけど、最後の方には結構巻き込まれてた。おもしろかった。そもそも戦隊物自体ちょっとさむいノリなのだからむしろ「らしさ」が出ていてよかったかもしれない。アゲハチョウの人の衣装が綺麗だった。ひらひら。最初の中華料理店での会議シーンが秀逸。「初代の会社を駄目にする二代目社長」はあるあるだなあ。

 

・春アニメ継続視聴中

エロマンガ先生

→たのしい。キャラの(性格的な)作り込みがうまい。見ててMBTI思い出す。わたしもかわいくてエロい女の子すきだから、紗霧ちゃんの気持ちがよくわかる……!

 

すかすか

→意外と見られてるらしくてちょっと驚いてる。原作知ってるとなんか総集編見てるような変な気分になる。今更だけど羽根はそこまで蝶を模さない感じのがいいと思うんだよね……。ラーントルクがやっと出てきた。クールぶってるのに人間臭い子すきだ〜〜。

 

カドとレクリと冴えカノと有頂天とゼロも継続。再放送のノゲラと終物語もちらほら。「月がきれい」が最近いい感じ。

 

・「茶の湯」展

f:id:yakisobacurry:20170603103804j:image

人大杉。茶入が小さくてかわいかった〜。某氏が小堀遠州いいよと言っていたけど、実際に色々見るのは初めてだった。天目茶碗はやっぱり綺麗。形が完成されてるよね。黄天目がよかった。曜変天目は期間外だったみたい。知らなかった……。静嘉堂文庫美術館の招待券持ってるからそのうち見に行く。

 

エリック・カール展も行きたいし夜は短かし歩けよ乙女もまだ見てない。

 

ねむいよー

f:id:yakisobacurry:20170529000438j:image

 

ハンパない成長

人間ではなく植物のはなし。

f:id:yakisobacurry:20170528233056j:image

f:id:yakisobacurry:20170528233251j:image

 

1枚目は去年の12月3日。2枚目は今日。すごくない!?

 

柄谷行人『探求Ⅰ』メモ④

今4章の途中。なかなかよくできた本だなーと思う。ウィトゲンシュタインマルクスニーチェもすごい。このお三方はそれぞれ違う方法で言葉が、モノが、意味や価値を内包しているわけではないと言っている(ニーチェはどんなだっけ)。

 

こういうことに思いを巡らせることができる人っていうのは、何がしか強烈な方法で「自分が人と違う」という体験をしてしまったのでは、と想像してしまう。自分の伝えたいことが正しく伝わらなくて、ものすごい絶望感に囚われた経験があったんじゃないか、と。もしかしたら自分の大切な誰かの体験したそれを見てしまったのかもしれない。ニーチェウィトゲンシュタインに関しては以前本を読んでいて、なんだかとても厳しい人だなあと思った記憶がある。物事を究極に突き詰めてて、ある意味冷徹。怖いくらいに徹底的。マルクスは……どうなんだろう。『共産党宣言』をちらっと読んだだけではわからなかった。

 

結局、理系の研究も文系の研究も同じところに向かってるのかしら。最近伊藤計劃の『ハーモニー』を読んでいて、「意識は報酬系によって動機付けられた脳内こびとさん達がそれぞれ欲求という名の意見を交わす会議そのものなんだ」みたいな話を読んだ。合ってるかな。つまり大事なのは結果ではなく過程、プロセスそのものということになる。意識はただ一つの真実として存在するのではなくて、脳内こびとさんが喚き散らしてる会議そのものを指す。わたしたちはその会議において「決定されたこと」を、あとから意識とか意志という言葉で表現しているに過ぎない。この意識に関する話は、まだ改めて調べていないけれど、たぶん実際に脳科学の分野で立証、あるいは立証はできていないけどもかなり有効な理論として打ち立てられているんだろう。わたしも自分の発達障害について調べるとき、散々報酬系の文字は見ているし。

 

〈追記〉

つまり、「命がけの飛躍」「暗闇の中の跳躍」は上述した脳内会議の話だと、中が見えない会議室(とその中で進行中の会議)を指すんだと思う。わたしたちには会議室の中で何が起こっているのかはわからない。会議が終わったあとみんなが出てきて「こういう結論になりました!  」とだけ報告されて、わたしたちはそれを信じ込む。そうだ、元々この結論に達するために会議は開かれたのだ、と。あるいは、議題がそもそも結論だったと思い込む。

そんな感じじゃないかな。

 

レジュメまとめなくっちゃ〜〜