読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も今日とてやきそばカレー

やきそばとカレーがすきです

マルチバッドエンドシステム

ネットが『NieR:Automata』で沸いてますね。それでちょっと久しぶりにDODのEエンド(通称:新宿エンド)を見てました。わたしは理不尽、不合理の極みみたいな話はわりと好きなので、DODもニーアも一通り調べたことがあります。あのED用意しておいて『抗え、最後まで。』ですからねー。いじわるですね。いや、最高か……?

 

わたしはハッピーエンドって嘘っぽく感じてのめり込めないんですけど、逆に世の中にはハッピーエンドじゃなきゃ嫌だ!という人たちもいるそうで。創作物に何を求めるか、の違いですね。見ていて明らかに無理のあるハッピーエンドより、リアルというものを描いてほしいのです。じゃないと、入り込めない。この世界は理不尽で不条理で、悲しいこともいっぱいあるけど、それでも、生きていく。……みたいな力強い肯定が欲しいのです。

全滅エンドも好きです。いっぱい頑張って傷ついて、でもどうにもならなくて、悔しくて悲しくて、でも最後には終わりを受け入れる。みたいな。要するに足掻いている人の姿を見たいのです。何かを変えようと死ぬ物狂いで生きている人っていうのは、今の平和な日本ではなかなかお目にかかれません。わたしはそういう人たちからパワーを受け取れる気がして、とても好きです。創作であっても同じこと。ぐちゃぐちゃになりながら、それでも生きようとする人間は美しいのです。尊い