今日も今日とてやきそばカレー

発達障害を抱えた25歳大学生がたのしく生きるブログ

エッセイのはなし

f:id:yakisobacurry:20170731163504j:image丸ノ内線に揺られながら『村上朝日堂』を読んでます。村上春樹の小説はノルウェイの森ぐらいしか読んだことがないけど、この人のエッセイはとても面白い。元々小説があまり得意でないから、昔からエッセイを読むことが多かったです。

阿川佐和子岸本葉子土屋賢二さくらももこ中村うさぎなどなど。とにかく小学校高学年の頃はこのあたりのエッセイを片っ端から読みまくってた気がする。

阿川さんのエッセイで思い出すのはお父さんが食パンにバターを塗るのが上手だった話。ふかふかの焼きたてパンを潰さずにふんわり塗るのだそうで。なんかわかる。

土屋先生のもよく読んだ。基本的に(ふざけた)自画自賛と助手に虐げられる様子で成り立ってたような。読んだのだいぶ前だから覚えてないな……。

これまたふざけた感じの公式サイトがあって、そこでも先生はいじられてた。わたしは小学校4年生?の頃に先生にファンレターならぬファンメールを送ったんだけど、そのときちゃんと返信が来たことがとてもうれしくて……!

先生からすれば9歳の女の子が自分のエッセイを読んで「先生が助手の人に冷蔵庫のものを食べられたと書いていましたが、わたしもお姉ちゃんに食べられたことがあります」なんて送ったらそりゃ返信もするだろう、と今なら思う。それにしてもうれしかった。土屋先生の哲学講義に潜ってみたかったなあ。

 

✳︎

 

待ち合わせの時間になったからここまで