今日も今日とてやきそばカレー

発達障害を抱えた25歳大学生がたのしく生きるブログ

子供のころ怖かったもの

wikiで物語のネタバレを読むのが好きです。趣味と言ってもいい。他人の妄想ほど面白いものはないのです。

 

実家帰省時にリングやら呪怨やらのジャパニーズホラーのwikiを読んでいました。夏といえば怖い話。今回は子供のころ怖かったものについて書いてみようと思います。

 

  ✳︎

 

トケイソウ、バナナ、レッドライオン

トケイソウ(時計草)3号ポット2株セット[つる性・耐寒性あり・緑のカーテンに!] ノーブランド品

なんで南方系の花ってあんなグロいのでしょうか。トケイソウは狂気じみた色使ってるし造形もやばい。バナナの花もやたら大きくて臓器みたいな色してるし。小学校の遠足で植物園に行ったとき、「唇が宙に浮いてる…………!!」と目が点になったのを覚えています。

 

レッドライオンとは通園路のとある民家の軒先で出会いました。アマリリスの一種ですね。アマリリスって名前は可愛いんだけど茎ドーン!!花ドーーーーン!!!!みたいな感じで好きくないです。バランスもう少し考えようね。

幼稚園児のわたしはこの家の前を通るたびに取って喰われやしないかとヒヤヒヤしていました。少し前までお母さんのプレイする「スーパーマリオワールド」を見ていたからかもしれない。レッドライオンはわたしの頭の中でパックンフラワーにすり替わっていました。実際土管から突然レッドライオンが出てきたら、怖いと思います。

ちなみに今一番好きな花は桔梗です。控えめでいいよね。

 

②「スーパーマリオワールド」のまよいの森、「シムシティー」の放射能汚染モード

まよいの森は大体音楽のせい。あとハナちゃんのせい。激おこハナちゃんは怖い。さながらストーカーのようだ。

スーパーマリオワールド

 

スーパーマリオワールドに関しては死んだときの表情もちょっと嫌です。やたら赤くて血を連想させる。

 

シムシティーはパッケージの竜巻からして嫌だったのですが、実際にゲームやってると来るわ怪獣起こるわ地震という感じで怖かったです。

シムシティー

 

極め付けはシナリオ「ボストン 放射能汚染2010」。5年以内にメルトダウンによる放射能汚染から復興させる、という内容です。これで放射能標識の怖さを知りました。煌々と光る真っ赤なマーク……。災害発生音もやな感じ。

どうでもいいけどハザードシンボルはどれも心ざわざわしますね。バイオハザード化学兵器のシンボル怖すぎです。

 

③雷、花火

基本的に大きくて派手なものが駄目認定受けやすいみたい。雷は言わずもがな。音も大きいし、今でも怖いです……。

幼少期住んでいた魚津は結構な規模の花火大会を開催していて、その花火が大きいのなんの。高い建物が全くないど田舎の港町。大輪の光の花が何度も咲いて、夜の海に散っていく……。今思い返すと最高のシチュエーションなのですが、当時そんな余裕はありませんでした。泣いてました。

 

  ✳︎  ✳︎  ✳︎

 

そういえば今日古本屋で伊藤計劃の『虐殺器官』を買いました。300円也。しばらくはこれで楽しめそうです。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)