今日も今日とてやきそばカレー

発達障害を抱えた25歳大学生がたのしく生きるブログ

ぼっち大学生の処世術

f:id:yakisobacurry:20170925012443j:image

2011年に入学したから、かれこれもう6年半。

 

もっとも最初の3年は不登校→休学→休学延長で過ごしてるから、実質3年半ぐらいですね。この間ずっとぼっち大学生として過ごしてます。学内に友達は一人もいません。ついでに言うならわたしの歳(25)の人もほぼ存在しません。

 

幸い自分はそこまで単独行動が気にならないので、一人で授業受けて一人でご飯食べて好きにやってるんですが……。まあ、大学はそこまで楽しくないです。仕方ないね。

 

それでも学食はハードル高かったですね〜。一人でご飯食べるのは何ら問題ないんですが、学食のシステムがわからなくて、最初の方は入るの怖かったです。食券どう買えばいいのかとか、どこに出すのかとか。

ASDだからかな、空間把握というかどこに何があってどう動けばいいかわからないと入りづらいんですよね。最近はそういうのも気にならなくなったので、成長です。

 

f:id:yakisobacurry:20170925012232j:image

ぼっち大学生は、寂しささえ乗り越えてしまえば何とかなります。それでも面倒なことってたくさんあるんですけどね。最近は大学から「盗難あるから気をつけてね!!  」とお達しが出てるので、荷物もテキトーに放置するとかできません。徹底的な自己管理の生活です。

一番困るのは(イラつくの間違いかも?)試験期間。横のつながりも縦のつながりも無い場合は事前情報が全く得られないので、これはもう果敢に一人で挑むしかないです。おかげさまで、勉学の方はすこしは身につきましたが……。

よっぽどレベルの高い授業でなければ、独力でまあなんとかなります。某大学のシケプリ制度を聞いたときには、ぼっち大学生としてちょっと憤慨したくなりました。集団で要領よくやってるの見ると心なしかイラっとします。

 

(しかし怒ってはいけません。人間関係の継続には金銭的・肉体的・精神的コストがかかるものです。わたしはそれを払っていないわけですから、怒るのはお門違いというものですね。わたしも同じ立場にいたら同じことやるもの。ただ、慢性疲労のせいで払わないではなく「払えない」というところは悔しいのだけれど)

 

  ✳︎

 

さて、学内で事前情報が得られない場合、どうするか。もちろん情報ナシで闘ってもよいのですが、生の人間以外からでも多少情報は得られるので実行しておきましょう。

 

  • Twitter等で授業名or先生の名前で検索する
  • 楽天の「みんなのキャンパス」を利用する
  • 先生の研究分野や主義・思想を調べる
  • 何なら論文を軽く読んでおく

 

わたしの大学のレベルだと論文とかは要りませんね。時間の無駄だった。ちょっとアレだけどTwitterで学内の人フォローして非公開リストつくってもいいと思います。バレなきゃ無いのと同じだ!

 

  ✳︎

 

それにしても、大学もう少し楽しくなりませんかね。過去にピクニックシート持って一人で芝生に横たわったりもしたけれど、流石に視線が痛かったです。別にいいけどさー。

f:id:yakisobacurry:20170925012957j:image

 

人間関係は正直諦めてるので、それ以外で好きなもの・ことを付随させていくしかないですね。和装してくとか、一眼持ってくとか、絵描くとか。いっそ超目立ってる噂のヘンな人になりたいです。おもしろいから。

 

……実際には現時点で十分目立ってるのかもしれませんが。